ニューヨークヤンキースの人気の秘密

打席を向かう

日本プロ野球の楽天イーグルスで活躍した田中将大投手も所属するニューヨークヤンキース(New York Yankees)は常勝球団として、ニューヨーカーのみならず全米から注目を浴びている球団です。100年以上の歴史を誇るMLB屈指の伝統的な球団で、昔からずっと高い人気を誇っています。

そして、ファンに取って一番嬉しいのは勝つ事です。ニューヨークヤンキースはMLB歴代最多の27回のワールドシリーズ優勝、リーグ優勝も40回と常勝の名を欲しいままにしています。松井秀喜選手が在籍していた2003年から2009年に至ってはリーグ6連覇するなど他を寄せ付けない強さがあり、ファンにとってペナントレースは練習試合で、ポストシーズンからがシーズンの幕開けとさえ思われていました。また、いつの時代もヤンキースにはスター選手が多く在籍しています。それも、年俸20億円を軽く越えるような選手が何人も居るのです。

昔からニューヨーカーはヤンキースが勝てば祝福しますし、負ければ大バッシングします。それは勝利に対する期待の表れでもあり、愛が合ってこその行動なのです。加えて、選手からも憧れの球団になっています。松井選手やイチロー選手をはじめ、世界中の多くの野球選手がヤンキースでプレーする事を望んでいるのです。ニューヨークヤンキースは、ファンからも選手からも一目置かれる存在です。

ニューヨークヤンキースで活躍 日本人選手の紹介

野球スタジアム

メジャーリーグのアメリカンリーグに所属するニューヨークヤンキースでプレー経験がある日本人選手は、2017年シーズン終了時点で7人います。

最初の日本人選手は千葉ロッテマリーンズの投手として活躍した伊良部秀輝氏です。入団したときには「和製ノーラン・ライアン」と注目され、1997年から1999年までの3年間在籍しました。2人目のは読売巨人軍で活躍した松井秀喜氏です。2003年から2009年までニューヨークヤンキースでプレーし、2009年にはワールドシリーズのMVPを獲得しました。3人目は阪神タイガースで投手として活躍した井川慶選手です。ポスティング制度を利用してニューヨークヤンキースに入団し、2007年から2008年途中まで在籍しました。

2012年にはイチロー選手、五十嵐亮太選手、黒田博樹選手の3名がニューヨークヤンキースに所属しました。イチロー選手は2012年の途中にシアトルマリナーズからニューヨークヤンキースに移籍し、2012年には地区優勝にも貢献しました。五十嵐亮太選手は2012年に2試合登板し、シーズンオフには日本プロ野球界に戻りました。黒田博樹氏は2012年から2014年まで在籍し、3年間で37勝を挙げる活躍を見せました。

そして、2014年からは東北楽天イーグルスから移籍した田中将大選手が活躍中です。2017年シーズン終了時点で、メジャーデビューから4年連続で2桁勝利をあげています。

メジャーリーグの勝敗予想をするブックメーカーがおすすめです

ブックメーカーは様々な事象にお金を掛けて利益を出すことができるサービスですが、利益を出す可能性を高めたいのであればプロスポーツに賭けることがおすすめです。プロスポーツはこれまでの試合結果や選手のプロフィール、チーム状態などの情報が豊富で勝敗を予想しやすいという特徴があります。それでも不確定要素が大きいため確実に当てることは困難ですが、不確定要素が少ないスポーツを選べば当てる確率を高められます。

野球ブックメーカー

そのスポーツの筆頭に挙げられるのがメジャーリーグです。
メジャーリーグはチーム力がそのまま試合結果に表れることが多く、サッカーのように下馬評が低いチームが勝つということは多くありません。また、メジャーリーグは情報開示に積極的で、チームの過去の試合結果から選手の年俸など様々なデータを公表しているのです。そのため勝敗の予想がしやすく、ブックメーカーで利益を出すために賭ける対象として向いていると言えます。

他のスポーツと比較して、メジャーリーグの試合数は非常に多く、シーズン中は毎日のように試合が行われているため仮にブックメーカーで予想を外したとしてもすぐに次の試合で挽回することが可能なのです。

具体的にどういったチームに賭けるべきかを考えるときは、対戦するチームの順位差を指標にします。極端な例では、1位のチームと最下位のチームでは当然のことながら1位のチームが勝つ可能性が高くなります。加えて、当該チーム間の過去の試合結果や直近の勝敗などを含めて考えれば予想しやすくなるのです。

総合的に判断して、メジャーリーグはブックメーカーに向いているスポーツになります。日本人投手が先発する試合をブックメーカーで予想して、いつもの試合をより楽しむという方法もあります。